1975年にアンドリュー・リッチー氏によって創業された、イギリスの折りたたみ自転車メーカー。
ブロンプトンでは、自転車は単なるディスプレイとしてではなく、 デザインやイノベーションに持続性を持たせ、日々の使用に耐える、実用的で信頼のおけるものとして製造するべきであると考えています。じっくりと時間をかけ、必要な部分に改良を加えることで、自転車そのものののデザインや品質を高めてきました。

一度に大量の自転車を製造することより、品質やデザインを高め、「より確かな技術」「より高い品質」を追求することが重要である。 そんなこだわりがあるからこそ、ブロンプトンは他社に自転車の製造を依頼することはありません。

ワイズロード渋谷本館

BROMPTON(ブロンプトン)の魅力

  • 誰でも簡単に、約15秒程度でとてもコンパクトに折りたためる点が最大の特長。軽量化よりも、使いやすさなどの実用性を重視しています
  • 全てのモデルは不変的でありながら、革新的な設計がされています。カラーバリエーションが豊富であり、別売のブロンプトン用のバッグなども取り付ける事で、様々な使用目的に合わせることが可能です
  • ブロンプトンでは、使用される部品は全て社内でテストされ、自転車の生産は全て自社で行ない、社外では行なっていません。長年イギリス・ロンドンで製作されている、確かな信頼と品質があります

ブロンプトンのタイプ

ブロンプトンはベース形状が1種類、サイズは1サイズになります。ハンドル形状やギアの枚数などの仕様でモデルが細かく分かれていますので、目的や乗り方に合わせて自分好みのモデルを選択しましょう。
「C Line Urban Black - Low」などのモデル名はそれぞれ仕様を表現しています。

ライン

2022年モデルからは、大きく2種のラインに分類されるようになりました。通常モデルはC Line、従来のSUPER LIGHT MODELである軽量モデルがP Lineとなっています。

C Line

スチールフレームのスタンダードなラインです。
カラーラインナップ、ギア仕様の選択肢が豊富です。

P Line

フレームの素材にチタンとアルミを採用した軽量ラインです。走行性、携行性にこだわりたい方におすすめです。

ギア

ギアタイプは、用途に合わせて名称がつけられています。※P Lineは外装4段のみとなります。

Urban 外装2段

発進時や坂道に適した軽いギアと、平地走行向けの重いギアを持つ、軽量の2段変速です。市街地や短い距離の走行に最適です。

Utility 内装3段

シティサイクルに多い内装変速は、ギアチェンジが軽くチェーンも外れにく頑丈です。市街地のアップダウンにも対応でき、日常生活での使用に最適です。

Explore (内装3段+外装2段)

内装変速と外装変速を組み合わせた6段変速で、平地でも坂道でも無理なく走れます。ツーリングなどのロングライドにも対応する万能タイプです。
ポンプが付属します。また、キャリアの有無が選択できます。

ハンドルバータイプ

街のりなど普段使いや、少し遠出する際など、使用目的に合わせてハンドルの形を選べます。モデル名の最後にある「Middle」「Low」がハンドルバータイプの違いを表しています。

Middleタイプ

乗り心地を追及したクラシックなハンドルバーです。乗車時に楽な姿勢をとることができるため、街乗りから郊外まで幅広いシーンでお楽しみ頂けます。

Lowタイプ

ハンドル位置が低く安定しており、まっすぐな形状をしています。軽快かつアクティブな操作感を与えてくれるスポーツタイプです。

最新入荷情報は店舗ブログにて!

22年モデル ロードバイクブランド一覧

アウトレットコーナー

売れ筋ランキング

価格.com

ツール・ド・フランス2022

新着

初心者向けコンテンツ

特集一覧

自転車雑誌掲載アイテム

ワイズロード 新ポータルサイト

ワイズロード店舗一覧

採用情報