ワイズロードオンライン|自転車・パーツ通販サイト|FELT ( フェルト ) ロードバイク AR ADVANCED 105 スターリーナイト 510

エアロロードのパイオニア

FELT ( フェルト ) ロードバイク AR ADVANCED 105 スターリーナイト 510

  • 予約商品
  • 店頭受取
ブランド FELT ( フェルト )
商品コード 4580366366614
年式 2021
サイズ 510(適正身長170cm前後)
カラー スターリーナイト
品番1 9910060
販売価格
492,800円(税込)
ポイント : 0
在庫 残り僅か(受取店舗より納期をご連絡いたします。完売の際ご容赦ください。)

カラー・サイズを選択してください。

▼ カラーを選択してください

選択されたカラー:スターリーナイト

▼ サイズを選択してください

480(適正身長165cm前後)
510(適正身長170cm前後)
540(適正身長175cm前後)
560(適正身長180cm前後)

選択されたサイズ:510(適正身長170cm前後)

受け取り希望店舗に在庫のない場合でもご予約可能です。店舗一覧はこちら


  • お気に入りに追加
  • この商品について問い合わせ
この商品は購入相談予約をご利用いただけます 受け取りの流れをご確認ください

商品仕様

フレーム UHC Advanced + TeXtreme カーボン、MMC、InsideOut、Felt CDRoad チェーンドロッププロテクション、BB386、機械式電動式シフト両対応
フォーク UHC Advanced + TeXtreme カーボン、モノコックコンストラクション
ヘッドセット IS (NO.44) FSA インテグレーテッド、MR121 {870E-RS} アッパー、MR168 {970E-RS} ロワー
ステム Felt Sprint | UHC Advanced カーボン、-6°、ケーブル内装、48 ? 51cm: 90mm、54 ? 56cm: 100mm
ハンドル Devox DBar.C0 Aero、O31.8mm、80mm リーチ、125mm ドロップ、48 ? 54cm: 400mm、56cm: 420mm
シフター 48cm: Shimano 105 R7025 ショートリーチ / 51, 54, 56cm: Shimano 105 R7020
フロントディレーラー Shimano 105 FD-R7000-F、直付式
リアディレーラー Shimano 105 RD-R7000-SS、ショートケージ
クランク Shimano 105 FC-R7000、52/36T BB Token Ninja Lite、BB386 for Shimano (24mm)
チェーン Shimano 105 CN-HG601
スプロケット Shimano 105 CS-R7000、11-30T
ブレーキレバー 48cm: Shimano 105 R7025 ショートリーチ / 51, 54, 56cm: Shimano 105 R7020、油圧式ディスク
ブレーキ Shimano 105 R7070、油圧式ディスク、フラットマウント、ローター:Shimano RT70、センターロック、160/140mm
サドル Prologo Dimension 143 T4.0
シートポスト Felt AeroRoad IL 2.0 | UHC Advanced + TeXtreme カーボン、0mm/-20mm オフセット、350mm(カット可能)、インテグレーテッドバッテリーホルダー
シートクランプ Felt Internaloc integrated、チタンボルト
リム/ホイール Devox WheelRDS.A1、30mmハイト、内幅19mm、チューブレスレディ、Shimano RS470 ハブ、28h
フロントスルーアクスル TA 12×100、Devox AxleTA 123.2 | 118mm + 5.2mm head, M12 x 1.5P x 13mm, Switch lever互換
リアスルーアクスル TA 12×142、Devox AxleTA 170-9 | 161mm + 9mm head, M12 x P1.0 x 18mm for Syntace X-12, Switch lever compatible
タイヤ Continental Grand Sport Race、700x25c
アクセサリー ノーマルステム用トップカバー
■商品特徴

初代ARは航空力学を応用した初めての本格的エアロロードとして2008年のツール・ド・フランスで鮮烈にデビューした。エアロロードというカテゴリーのパイオニアがフェルトなのだ。2代目ARは2014年にデビュー。風洞施設での比較テストにより証明されたNo.1のエアロダイナミクスと重量剛性比はライバルに衝撃を与えた。そして3代目となったのが新型AR。蓄積した研究成果と最新技術を駆使することで+9%という驚異のエアロダイナミクスを実現した。加えてロードバイクとして不可欠な剛性、快適性、セッティングという性能は完成の域に到達。新しいARは、他の何をも犠牲にせず、+9%のエアロダイナミクスによる「フリースピード」をライダーに提供する。 フェルトはロードレースのリサーチにおいて、正面方向からの風に対しての抵抗を減らすことが結果的に勝利へ繋がることを導き出した。最新の計測機器を利用してゼロベースから検証を行い、新型ARは進行方向に対し0度から10度未満の空気抵抗に対して最適化を目指して設計が進められた。結果、ヨー角0度の状態では前モデル比9.6%の空気抵抗削減に成功している。 メインチューブには従来の翼断面形状から後端部を切り取った「トランケーテッド・エアロフォイル形状」を採用した。UCIレギュレーションへの適応、ロー・ヨーアングルへの対応・フレームの剛性のすべてを満たす最適解をCFD解析によって追い求めた結果の形状だ。さらにダウンチューブは前方と後方で大胆に形を変えている。前方では左右方向に厚く、前後方向に狭い。後方ではその逆として、ライダーを含めた全体での空気抵抗の最適化を図っている。 シートチューブは革新的な新型ARの中にあって、一層のアイコニックなシルエットを持つ。リアホイールに合わせて大胆に切り取られたその断面は、リアタイヤを包み込むように左右に張り出したパテント取得済みの独自形状。リアセクションのエアーフローを大幅に改善し、30Cのワイドタイヤを飲み込む理想のシートチューブだ。 空力性能を重視し、BB周りにはあえてボリュームを出さず、チェーンステイが水平方向に張り出した形状を採用した。
ライダーの足・クランク・さらにタイヤと状況に応じて目まぐるしく動きを変える部分で抵抗の削減を追い求めることはもちろん、オールラウンドレーサー、FRシリーズと比較しても遜色のないペダリング剛性を実現している。 ケーブルのフル内装システムは最新のエアロロードに不可欠だ。しかし、ハンドルセッティングはライダーにとって最も重要だ。もちろん新型ARのフロントビューにもケーブルは存在しない(Di2モデルの場合)。その「セミインテグレーテッド」システムはステム下からケーブルを内蔵する。つまりすべての31.8mmハンドルが使用可能。角度調整に制限無し。最大40mmの専用スペーサーにより高さも自由だ。(※ワイヤー式変速機を利用の場合、ハンドル下からダウンチューブサイドへケーブルを取り回します) 専用エアロステムは現代エアロロードの証と言える。新型ARのそれは、エアロ形状を高剛性で実現するフルカーボン製だ。交換用ステムは90-140mmを用意。さらに専用のヘッドトップカバーに交換することでケーブルを内装したままノーマルステムを使用できる。 ポジション設定の自由度は大切だが、そのためには調整の容易さも肝要だ。
新型ARの専用ステムはケーブルを切断することなくステムを脱着することができる。つまり、一般的なバイクと同じようにものの数分でステム交換が可能だ。さらに輪行においてもステムを外すことでコンパクトなパッキングを実現する。 新型ARを語る上で外せないのが、ナチュラルなライドフィールと高い反応性だ。開発においてはフェルトのオールラウンドレーサー、FRに肩を並べる性能を実現するため、FEA解析とテストライドを繰り返し、必要な部分の剛性向上とバランスのチューニングを進めた。新型ARにはエアロロードにありがちな縦に固くてピーキーな癖は皆無だ。ナチュラルで踏みやすく軽い反応性、左右にリズミカルに振れる動きは新型ARの真骨頂だ。 いかに空気抵抗の少ないバイクに乗ろうとも、ゴールスプリントまでに疲労がたまっていては勝利はおぼつかない。シートポストは一見すると前作ARと変わらないように見えるが、この新しいシステムではポスト下端が前後に分割されている。力が加わった時にリーフスプリングのように前後にしなることで、大きな衝撃を吸収する。シートレールクランプは反転することで0mmと20mmを選択できるため、サドルセッティングにも不安は無い。 フレームとシートポストの間にはスリーブを挟むことで、より確実でガタの無い固定を実現した。このスリーブはプラスチックとラバーを一体成型したハイブリッド素材で、微細な振動を吸収する。「リーフスプリングシートポスト」と、この「ダンピング・シートポスト」によって前作AR比で、トータル+112%、つまり2倍以上の柔軟性向上を達成した。
ARのすべてのモデルには、航空宇宙産業や世界最高峰の自動車レースなど、最先端のフィールドでしか使われないテクストリームカーボンを使用。フェルトでは重量がかさむベース部分にUDカーボンに代わりテクストリームを使用。これによってカーボンシートの積層数を大幅に削減し、より軽く、高剛性で、スムーズなバイクが完成した。 ARにディスクブレーキを求める声は大きかった。ディスクブレーキはあらゆるコンディションで変わらないブレーキ性能だけでなく、ケーブル内装やワイドリム&タイヤを含めたトータルパッケージでより速いバイクを実現する。コーナーリングにおいては、短い時間で減速を終えることが可能なため、大きなアドバンテージがある。より「速い」ARを完成させるための選択がディスクブレーキだ。 スピードを追求したエアロロードにワイドタイヤは不要だろうか?フェルトの答えはノーだ。
新型ARは、ISO規格で求められるタイヤクリアランスに則ると、なんと最大30mm幅のタイヤに対応する。ホイールのワイド化の流れによって、タイヤもワイド化の流れが著しい。さらにレースによっては路面へのコンタクトを最大化するワイドタイヤがより良い選択となるだろう。新型ARであれば、機材と環境に合わせてその時の最速の選択をすることが可能だ。 エアロロードの開発においては、極僅かな差異が大きな性能差となって現れる。新型ARのフロントフォークエンドとリアエンドには一切の段差が無い。さらにスルーアクスルはフレームと面一になる専用品を開発した。空力的にも視覚的にも一切の抵抗が無い、なめらかなフレームを是非ともその目で確認してほしい。 大事なカーボンフレームを忌まわしいチェーン落ちによって傷付けたことはないだろうか。新型ARのシートチューブには直付けの専用チェーンキャッチャーが装備されている。後付のチェーンキャッチャーと比べてはるかに信頼性の高いこのチェーンキャッチャーがあれば、フレームの傷付きを防ぐだけでなく、チェーン落ちによるタイムロスを回避して、目標とするレースでパフォーマンスを余すことなく発揮できるだろう。 アメリカ、カナダのナショナルチャンピオンを複数擁する南北アメリカ大陸最強のUCIプロチーム(2019年までのプロコンチネンタルチーム)が使用。実車が無い昨年9月の時点ではFRを選ぶ選手が多かったが、チームに実車が届いて以降、ARを選希望する選手が圧倒的で、最終的には65%以上の選手がARを選択。既に2020年ワールドツアー初戦、ダウンアンダーで、ARを駆ったホスキングが勝利を上げている。

FELT

 1980年代、モトクロスのメカニックだったジム・フェルトが当時のスーパースター、ジョニー・オメーラのためにトライアスロンバイクを設計したのがFELTの始まりです。
最初のトライアスロンバイクを作ってから10年後にドイツでFELT社を設立しました。「To design, develop, and deliver the best bicycles in the world.」という言葉は、実直に、より良い製品づくりを目指す思いを表しています。ジム・フェルトのバイクへの情熱は今も変わらず、今年のトライアスロンワールドカップの現場でも、ジム・フェルトは最前線で選手のセッティングを自ら行っています。
独自の理論によりアスリートの能力を極限まで引き出すフレームを開発し、ツール・ド・フランス、世界選手権、五輪、アイアンマンで数多くの勝利を獲得したFELTは、世界で最も尊敬されるレーシングブランドの1つになりました。
近年はカーボン生成方法を改良し、数年前までトップグレードモデルにしか採用されていなかったカーボンを惜しみなくローエンドモデルに採用することで、バイクの性能を飛躍的に向上させました。さらにエアロダイナミクスの考えをロードレースに持ち込み、さらなる進化を続けています。
FELTの限界への挑戦は決して終わることがありません。

ユーザーレビュー


この商品に寄せられたレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く


21年モデル ロードバイクブランド一覧

アウトレットコーナー

新着

初心者向けコンテンツ

特集一覧

ワイズロード店舗一覧