ワイズロードオンライン|自転車・パーツ通販サイト|BIANCHI ( ビアンキ ) 2021 ロードバイク OLTRE XR3 CV DISC 105 ( オルトレ XR3 CV ディスク 105 ) CK16 ( チェレステ ) / ブラック フル グロッシー 50

振動除去素材「カウンターヴェイル」搭載。上位グレード次ぐエアロレーシングバイクの中軸モデル、初中級ライダー向け

BIANCHI ( ビアンキ ) 2021 ロードバイク OLTRE XR3 CV DISC 105 ( オルトレ XR3 CV ディスク 105 ) CK16 ( チェレステ ) / ブラック フル グロッシー 50

  • 直送可能
配送受取特典

配送受取(ご自宅への配送)にて購入されると上記の特典をプレゼントいたします。

  • クロスバイクなどペダルが標準で付属するモデルには、鍵をプレゼントいたします。
  • ロードバイクなどペダルが付属しないモデルには、ペダルをプレゼントいたします。
  • 鍵とペダルの画像はイメージです。
  • 店舗受取での購入を選択された場合は、特典の対象外となります。
ブランド BIANCHI ( ビアンキ )
商品コード 8032809810490
年式 2021
サイズ 50(適応身長165cm前後)
カラー CKBK/車体単品
品番1 YQBJ5T505K
販売価格
426,800円(税込)
在庫 あり(土日祝を除く19日前後で発送)
自転車配送料 : 期間限定送料無料 ※沖縄・離島へのお届けは別途送料(税込¥30,000~)が必要となります。

カラー・サイズを選択してください。

▼ カラーを選択してください

選択されたカラー:CKBK/車体単品

▼ サイズを選択してください

47(適応身長160cm前後)
50(適応身長165cm前後)
53(適応身長170cm前後)
55(適応身長175cm前後)

選択されたサイズ:50(適応身長165cm前後)


  • お気に入りに追加
  • この商品について問い合わせ

詳細

FRAME OLTRE XR3 COUNTERVAIL CARBON
MECHANICAL/ELECTRONIC COMPATIBLE
PRESSFIT 86,5×41
DISC BRAKE FLAT MOUNT
THRU AXLE 12×142
FORK FULL CARBON COUNTERVAIL AERO 1.1/8”-1.5”
DISC BRAKE FLAT MOUNT
THRU AXLE 12×100
COLOUR 5K - CK/BLACK FULL GLOSSY
2R - BLACK/ GRAPHITE FULL GLOSSY
SIZE 47 / 50 / 53 / 55 / 57
HEADSET FSA ORBIT C-40-ACB
REAR DERAILLEUR SHIMANO RD-R7000SS
FRONT DERAILLEUR SHIMANO FD-R7000
SHIFT LEVER 47cm SHIMANO ST-R7025 / 50 - 57cm SHIMANO ST-R7020
BRAKES SHIMANO BR-R7070
BRAKE LEVER INCLUDED W/SHIFTERS
DISC ROTOR SHIMANO SM-RT70
BB SHIMANO SM-BB-72-41B
CRANKSET SHIMANO FC-R7000 50 - 34T 165/170/170/170/172.5mm
CASSETTE SHIMANO CS-R7000 11 - 30T
CHAIN KMC X11 EPT
WHEELS FULCRUM RACING 818DB
TIRE VITTORIA RUBINO PRO G2.0 700×28
HANDLE BAR REPARTO CORSE RA83A AERO COMPACT ALLOY / SIZE:380/400/400/420/440mm
STEM REPARTO CORSE ST199A 3D FORGED ALLOY 6061 RAISE +- 8° / SIZE:90/90/100/110/110mm
BAR TAPE VELO VLT-1001
SADDLE FI'ZI:K ANTARES R7
PEDAL NOT INCLUDED

1885年創業。歴史と情熱、革新的技術で自転車界をリードするイタリアのバイクブランド。

ビアンキのブランドカラー「チェレステ」は、コンスタンテ・ジラルデンゴ、ガエターノ・ベロー、ファウスト・コッピを始め、努力家の英雄・フェリーチェ・ジモンディや、登りの芸術家マルコ・パンターニのような伝説的なチャンピオンのジャージと自転車の色として、注目されました。

自転車界でビアンキだけが独占使用可能な革新的な振動除去機能、カウンターヴェイルを使用したモデルは、トップカテゴリーのロードレースやXCレースにおいて、多くの勝利を収めています。

スタッフインプレッション

【月刊ディスクロードをガチインプレ!D】BIANCHI OLTRE XR3 DISC【スーパーシルキー!】

※上記記事より一部抜粋


バイオレーサーの中の人です。



インプレだけじゃなくて、メリット・デメリットや規格の話など「ディスクロードの基礎知識」も紹介しています。
リンク先は特設サイトと同一ページです)



近年の自転車界の一番のイノベーションは、ロードバイクへのディスクブレーキの搭載・普及です。



ただディスクブレーキを付けただけではなく、それが引き金になってロードバイクの性能自体が一歩上の次元に引き上げられた点が大きな進歩です。


今回もそんな「ロードバイクの最先端」を脚でジャッジすべく、街から山まで沢山乗り込んできましたよ!



※本記事内のステム位置はメーカー推奨外の仕様ですが、今回の試乗に限った一時的なセッティングとなります

参考:安全に関する重要なお知らせ (2017年1月6日改定)




伝統のイタリアンブランド、ビアンキの誇る振動除去素材「カウンターヴェイル」を採用。プロユースモデルのXR4に次ぐエアロレーシングバイクの中軸モデルです。


【バイクのキーポイント】
実走感をお伝えする前にこのバイクのキーポイントをご紹介。


>>>振動除去素材カウンターヴェイル採用

>>>剛性と強度を向上させながら振動を最大80%除去

>>>機械的なシステムを付加しないので軽量

>>>XR4譲りのエアロ形状

>>>「さいたまディレーブ」や海外女子チームも実戦使用


他と一線を画すという新素材の乗り心地、プロチームが採用するミドルグレードバイクの戦闘力、今回も興味津々でライド&チェックです!





いつも通り、結論から。


“スーパーシルキー!”


ホントに振動“除去”してる!


巡航ヤバい!


剛性高く登りもスプリントもOK!


味付けは基本レーシー!


バランス良好ど真ん中バイク!



では、どんなポイントがそう感じさせたのか、いつも通りちくちく綴って行きましょう!


・職場〜自宅往復 54km
・自宅からR299経由で正丸峠、名栗路へインプレライド 105km


計159kmです。




【XR3でR299〜正丸峠〜名栗路へ】

エアロロードのXR3を試すなら緩斜面だろ、ということでいい感じに緩斜面が続くR299を飯能から遡上します。



R299を淡々と登り、正丸トンネルから旧道に入り、正丸峠経由で名栗路の緩斜面を下るルートです。


緩斜面&市街地のアプローチで巡行性能を、正丸峠で登坂性能を見る、という狙いです。





【本当に振動を“除去”するのか?】


振動の角が取れてる!


いや、ホントに。



他のバイクと乗り心地が全く違う


機械的システムで大きな衝撃をいなすサスペンション的なやつじゃなくて微振動が"除去"されるという、他の素材と根本的に違う乗り心地。


また、中弾性のカーボン素材から来るマイルドさや、高弾性のカーボン素材から来る振動収束の速さとも、全く違うところから生まれてくる乗り心地。


「吸収」じゃなくて、まさに「除去」。


例えば中弾性カーボンなら、入ってきた振動がフレーム内でじわ〜っと、ぼよ〜んっと「吸収」されます。


高弾性カーボンなら振動がシュン!と一瞬で「収束」します。


でもカウンターヴェイルは、そもそも振動が「除去」されてるからフレームに入ってこないような感覚。


2年前にXR4に乗った時も驚きましたが、2年経っても色あせない唯一無二の驚きの性能。


サスペンション等の機械的システムだと重量面のデメリットがあり、中弾性カーボンだと「キレ」が失われるというデメリットがありますが...。


カウンターヴェイルにはデメリットが無い!


軽さもキレも保ったまま、振動を除去してくれます。


<


唯一の対抗馬は高弾性カーボンですが、それでも「吸収」しているのには変わりがなく、振動が入ってこないかのような「除去」とは振動の処理に掛かる時間が違います。


スゲーなコレ。


欠点?とは言えないと思いますが、大きなギャップからの衝撃は普通に伝えてくるので、そこは機械的システムや中弾性カーボンに軍配が上がります。


ただ、軽さとキレを持ちながら極上のシルキーライドが楽しめるのは、今のところカウンターヴェイルだけなのではないでしょうか。



走り始めだけ気持ちよく感じるような、良くあるインプレプラセボではなくて、105kmのインプレライドを終えるその時までシルキーさを感じられました。


もちろん、走り終わってからの疲労感も振動からくるものは大幅に軽減されているように感じます。


ロングライド用途に良いのは当然として、レース派でも終盤まで体力を温存することができるのではないでしょうか。


この振動除去性能は間違いなくアドバンテージになりますね。




【ペダリングフィール】

上にも書きましたが、振動を除去しているのにキレを失っていません。


バイクの立ち位置はミドルグレードですが、全体の剛性感は高い部類です。


ミドルグレードにありがちなぼんやりしたキレの無さとは無縁です。


ハイエンドほど硬さに振っていないので、ほど良いマイルドさも持ち合わせています。


フロントエンド〜ヘッドチューブ〜BBのパワーセクションがしっかりしており、力を逃がさず踏み込めます。




スルーアクスルによるフロントエンドの一体化も効いているようで、フロントに体重を乗せた立ち漕ぎも軽快、BBから力が逃げる感じも無し。





非常に気持ちよくペダリングできます。


う〜む。これなら自分よりもずっとずっと脚力のあるプロ(さいたまディレーブ)が使うのも納得。


ミドルグレードながら味付けはGTカー的な方向ではなく、基本レーシー。


「振動除去」というワードから緩めの走りを期待すると、全く逆のキャラなのでご注意を。


XR4の方がより一層キレがありますが、その差は僅差。


扱いやすさという点では敢えてのXR3、という選択も大いにありです。


唯一残念なのはホイールの重さ。



FULCRUM RACING 418。レーシング4のビアンキOEM版。1700g弱らしいので特別重いホイールでも無いですが剛性のせいかな?少し脚を引っ張られる感覚はあり(こう見えてアルミホイールです)。


まあこれは完成車の価格の制約上、致し方ないところ。


購入後に自分の乗り方に合わせてホイールでカスタムできる楽しみが残されているとポジティブに考えて頂ければ!




【得意・苦手なシチュエーションは?】


>>>平地の巡航、緩斜面の下り


ヤバいですね。



振動除去と相まって、シルキーにす〜〜〜っと気持ちよくスピードを維持できます。



気持ちいい♪


これでサイクリングロードとか走ったら最高ですね〜。


DHバー付けたらトライアスロンのようなTT的な走りも行けるでしょう。


シートピラーのヤグラはオフセット0にもセットできるので、メーカーもそこは意図しているようです。


この巡行の良さにはこのエアロ形状も貢献しているはず。




>>>登坂


ホイールを考慮すると登りは苦手かな?と思いましたが意外と?カッチリと良く登ってくれます。



踏力が逃げたり、よどむような感じがありません。


むしろ登坂は得意なシチュエーションだと思います。



BB剛性が高いので、ペダリングを深追いせず3時位置で綺麗に踏みやめればカチッと進んでくれますよ!


>>>緩斜面の登り


苦手だったのが、実は緩斜面の登り。



あえて今回緩斜面コースを選んだのに(^^;)


前回のハイエンドエアロロード、LOOK795BLADE RSのように緩斜面が得意かと思いきや、ちょっとペダリングに重さを感じる。


これ、フレーム性能ではなくてホイール性能に引っ張られている様子。


常に中強度の踏力を加え続けないといけない緩斜面では、ホイールの重さが支配的になるのかな?



半面、5%を超えるような登坂では高強度の踏力を加え続けるので、ホイールの重さよりもフレームの剛性の高さの方がペダリングフィールに対して支配的になり、ネガティブさを感じないのかもしれません。


恐らくPINARELLO PRINCE DISKの例のもあり、ホイールを交換すれば、カッチリ、グイグイと緩斜面も進むバイクに化けてくれるでしょう。


例えばMAVICのホイールに変えるとして、軽やかさが欲しいならアルミのキシリウムプロUST&エリートUST、軽やかさ+空力ならキシリウムプロカーボンUSTのSL&無印、空力重視ならコスミックプロカーボンUSTのSL&無印、というような候補になるでしょうか。
プロエリートか、SL無印かは、カッチリなら前者、マイルドなら後者、となります)


ここは、予算と用途&好みで選択肢が多岐に渡るので、ぜひ店頭スタッフにご相談くださいね。


あと、コスト¥0で改善するならペダリングでw


クランクを11時の位置から前方に蹴りだして回すようにし、深追いせずに2時には踏みやめるようにすれば、重めのホイールも緩斜面で気持ちよく転がってくれます。


ペダリングも自転車のパッケージに合わせて乗りこなしましょう。おためしあれ。


>>>スプリント

掛かります。伸びます。



自分の踏力(15秒で700w台、30秒で600w台の並脚)ときっと合っているんだと思いますが、トルクを加えてスピードを乗せていくのが気持ちいいし、レスポンスもイイ。


カッチリとかキレッキレッ系ではありませんが、バランスの良い剛性だと思います。


パワーセクション、特にBB周りのマッシブな造りが効いているのでしょう。




リアバックから力が逃げる感覚もありません。



スプリント性能も良いですね〜。




【重量】

ペダルレスの実測重量で8.2kg。



アルテグ、ディスクブレーキ、1700g弱のホイール、28cのタイヤ、これらを考えあわせたら上出来な重量。


軽量性は機械的システムに頼らず振動をキャンセル出来るカウンターヴェイルならではのメリット


振動をキャンセルしつつ、走りのキレが共存できるのもカウンターヴェイルならではのメリット



改めてスゲーなコレ。




【まとめ】

>>>振動除去は本物!スーパーシルキー!


>>>プロチームも使うキレのある走り!


>>>巡行、登坂、スプリント、全てこなす優等生!


>>>価格もスペックもど真ん中ミドルグレード!



う〜む。この性能が¥468,000+税とは。


仮にキシリウムプロUST DISCでホイールチューンナップしてもプラス¥145,000+税だから¥613,000+税か...。


決して「安くはない」ですが、ハイエンドモデルならフレームだけでこの値段以上するのはザラですからね。


性能差の少ないコンポをダウングレードして、105仕様を選ぶのもコスパ的には良いかもしれません。


OLTRE XR3 105 DISCなら¥388,000+税。


アルテグラ、105、どちらの仕様を選んでも「長く使えるミドルグレード」にステップアップを考えているライダーにお薦めのバイクです。


何度も書きますが


プロも使ってるミドルグレード


ですからね♪



ワイズロードが選ばれる理由 お客様に安全に乗っていただくため、丁寧に整備した状態でお渡しいたします。

こちらの商品には1年間のメーカー保証が付いています。
万が一初期不良等がありましたらカスタマーサポートにてお問い合わせください。
また、配送中の破損に関してもカスタマーサポートにてご対応いたします。

防犯登録

配送受取にて防犯登録(東京都)をご希望の方は、下記よりお申し込みください。

ワイズロードアフターサポートパック

ワイズロードアフターサポートパックにつきましては、ワイズロードオンライン配送受取購入の場合、ご加入いただけません。ご加入をご希望の場合は、店舗受取にてご購入ください。

※商品画像は、カラー確認用のイメージです。部品など実際の仕様と異なる場合がございます。

ユーザーレビュー


評価:
平均5点
総レビュー数:
1

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを評価するにはログインが必要です。

レビューを書く
5点
とにかくカッコイイ

投稿者:ニシ

このバイクを見るまでビアンキのチェレステは好きではありませんでしたが、オルトレを見て一目惚れしました。乗り心地も快適です。軽いだとか、速いだとかは乗る人で違うと思いますが、個人的には巡航が楽だと感じました。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く