ビンディングシューズの選び方

ビンディングシューズとは

ビンディングシューズとは、ペダルに固定させるための留め具(クリート)を付ける事ができる専用のシューズ。自転車で効率的に走るために開発されたアイテムです。
ソール(靴底)が硬めに設計されており力が伝わりやすく、さらにシューズとペダルをクリートで固定するため、「踏む力」に加えて「引き上げる力」も推進力にすることができます。
ロスしていた力も使えるようになるため、坂道や長距離ライドなどがより楽に、速く走れるようになります。

ビンディングシューズの種類

クリートを固定するためのソールの穴の数がモデルによって異なり、主に2種類が展開されています。

シマノ「SPD」

2穴タイプ(MTBタイプ)

シューズの裏からクリートが飛び出ない形状でソールが柔らかく、スニーカーなどの靴と同じような感覚で歩きやすいタイプ。
マウンテンバイクはもちろん、サイクリング先で観光を楽しんだり、頻繁に着脱・押し歩きが発生するような街乗りなどに最適です。
クリートが小さく「点」でペダルを捉えるため、より小さい力で着脱できます。

シマノ「SPD-SL」

3穴タイプ(ロードタイプ)

ロードバイクで使うビンディングシューズにおいて主流のタイプ。2穴タイプよりもシューズがしっかりとペダルに固定されます。
「面」でペダルを踏むことができるため踏み込む力を効率的に推進力に変換でき、歩く機会が少ないサイクリングやレースなどの使用で活躍します。
2つ穴タイプと違いシューズの裏からクリートが飛び出ているため、歩行には適していません。

上記2タイプのほか、近年は4つ穴、5つ穴タイプのモデルも展開されており、ビンディングシューズはサイクリストの”足”に合わせられるよう進化し続けています。

ビンディングシューズの選び方

@足のサイズに合うものを選ぶ

甲の高さや足幅の広さなど、足のサイズは人それぞれ。ビンディングシューズもブランド、モデルごとに異なるサイズや特長があります。
サイズをしっかり合わせることで怪我を防ぐことができ、足の違和感やストレスを感じることなく快適に走ることができます。

A留め具の種類

ベルクロタイプ

マジックテープと同じ要領で締め込むビンディングシューズ。手軽に脱着できる点がメリット。
ベルクロ前後2本のタイプと3本のタイプがあり、2本タイプはシューズ内で足が動きやすく、3本タイプはよりしっかりと締め込むことができます。

バックルタイプ

締め込みができるラチェット式のバックルを配置。足先2本がベルクロで、足首近くにバックルがセットされた3本仕様のモデルが多く展開されています。

ダイヤルタイプ

ダイヤルでワイヤーを巻いて締め付けを調節するタイプ。脱着がしやすいほか、走行中でもスムーズに調整がしやすい点が特徴。
ベルクロ・バックルタイプと併用されることも多く、複雑な構造を採用しているモデルはより細やかに調整して締め付けることができます。

シューレース・紐タイプ

その名の通り、靴紐でフィッティングを調節するタイプ。
脱着には少し手間がかかるものの、締め具合を変えやすい点が特徴です。
スニーカーに近い感覚で履ける、街中にも溶け込むおしゃれなデザインのモデルが揃っています。

ソール(靴底)の種類と特徴

ソールの素材には、主に樹脂(ナイロン)、カーボン、複合タイプ(カーボンと樹脂、グラスファイバー、チタン等)、ラバーなどがあり、それぞれソールの硬さが異なります。 ※厳密にはインソール、ヒールカップ、アッパー(つま先部分)の素材によっても硬さが変化します
シューズのソールが硬ければペダルを踏み込んだり、引き上げる力(引き足)を使った際のパワーロスを減らして推進力に変換する ことができ、レースやロングライドで活躍します。
反対にソールが柔らかいほど踏み込む力などをペダルに伝えにくくなりますが、足への負担は少なく初心者の方でも安心して使いやすいというメリットがあります。
素材 ラバー 樹脂(ナイロン) 複合タイプ カーボン
剛性 ★☆☆☆☆ ★★☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★★★
足への優しさ ★★★★★ ★★★☆☆ ★★☆☆☆ ☆☆☆☆☆
特徴 歩くことも考慮して製造されており、
サイクリングをしながらの観光や
食べ歩きなどに最適です。
ソールは比較的柔らかく、
1万円以下で購入できるモデルもあります。
初めてビンディングシューズを購入する
方におすすめです。
力のかかる所には伝達性に優れた
カーボン素材をしならせたい部分には
樹脂を使うなど、適材適所で素材の長所
が活かされているタイプ。
軽量化と程よい硬さで ロングライドや
レースなど幅広い用途で使用しやすく
なっています。
各社フラッグシップモデルに採用される
ことが多く、軽量で踏み込む力を
ロスなく推進力に変換可能。
履き慣れないと足に負担がかかり体を
痛めてしまうことがあるため、上級者
向きのソール素材です。

サイズが合うブランド・モデルを見つけ、デザインや重量、ソールの素材などお好みに合わせてチョイスするのもビンディングシューズ選びの楽しみの一つ。

ワイズロードオンラインなら、14ブランド・1000アイテム・4000足以上の豊富な品揃えからご自身に合う一足がきっと見つかります。

21年モデル ロードバイクブランド一覧

アウトレットコーナー

アウトレットコーナー

新着

初心者向けコンテンツ

特集一覧

自転車雑誌掲載アイテム

ワイズロード店舗一覧

採用情報