DE ROSA(デローザ)は「神の手を持つ男」と呼ばれたフレーム作りの職人、ウーゴ・デ・ローザ氏が1953年に興したブランドです。創業当時はスチールフレームか主流でしたが、ウーゴ氏は修行先から叩き込まれた手法に独自の解釈を加え、若くして独自の溶接技術と理論を構築しました。彼が火を入れたフレームは数多くのプロライダーの目に留まり、表彰台へと導いています。

現在はウーゴ氏の三男であるクリスチァーノ氏が中心となって製品の企画や生産計画、世界中の代理店やプロチームとの交渉を行っています。2020レースシーズンには、UCIワールドツアーチーム・コフィディスへの機材サポート開始が決定。創業時から変わらない技術・情熱に新たな「世界」を取り入れ、常にスポーツバイク業界をリードし続けています。

DE ROSA(デローザ)の魅力

  • 65年以上続く金属に対する深遠なる知識と経験があり、フレーム作りに対する明確な軸足を持っています。創業時より数多くのサイクリストに愛されているメタルバイクをはじめ、カーボン等最新の素材でもその軸足は変わらず、素材の持つポテンシャルをフルに引き出します
  • ウーゴ・デ・ローザ氏の情熱を受け継いだ弟子達がイタリアの特別な製造ラインで丹念に作り上げるバイクには“BLACK LABEL(ブラックラベル)”のロゴが与えられています。イタリアの自転車文化、そしてウーゴ氏の想いが込められた、乗り手の身体に合わせて作られるカスタムモデルを展開しています
  • 多彩な工業製品のデザインを行うイタリアのピニンファリーナ社とパートナーシップを結び、SK Pininfarina(エスケーピニンファリーナ)を製造。細部に宿る美しさは超一級品です。欧州最大の風洞実験室で空気抵抗を磨き上げられており、性能も最高峰。技術もデザインも一切手を抜かない、DE ROSAらしさが現れたモデルです

Roadbikeロードバイク

CarbonSK Pininfarina(エスケー ピニンファリーナ)シリーズ

デビューから4 年の歳月を経てフルモデルチェンジを果たしたディスクブレーキ専用モデル。欧州最大の風洞実験室で空気抵抗を磨き上げ、DE ROSA の新しいロゴとともに発表。新ロゴもピニンファリーナ社によってデザインされており、人を惹きつける「存在の美しさ」が特長です。

前作のキープコンセプトである空力的なアドバンテージを継承しつつ、最新のカーボン素材・加工技術によって更なる軽量化を果たし、エアロロードとしての性能も向上しました。

全てのワイヤーをフレームに”フル内蔵”可能なACRシステムを採用したハンドルまわりは非常にクリーンで、このモデルが持つ魅力をいっそう昇華させています。

CarbonMERAK(メラク)シリーズ

1990年代後半、ロードレース機材用フレーム素材がスチールからチタンへ、そしてアルミへ、カーボンへ、と進化を遂げていた時代。軽量アルミとして完成の域にあったMERAKを採用し、2000年の世界選手権でロマンス・ヴァインシュタインス氏が優勝を飾りました。

衝撃のデビューから20年後の2020年、最新のカーボンバイクとして生まれ変わったMERAKは、UCIワールドチーム・コフィディスに採用され、世界のトップカテゴリーで戦う、現代に適合する力強さ・美しさ・そして初代のコンセプトである軽量性を携え、魅力的に生まれ変わりました。
ACRシステムを採用することでハンドルまわりは非常にスッキリとしており、空力性能も向上。オールラウンダーとして使えるバイクであり、ヒルクライムにも最適なモデルです。

CarbonIDOL(アイドル)シリーズ

ビギナーから中級者まで幅広く楽しめるディスクブレーキ専用モデル。ブレーキタッチもフィーリングもクセがなく、ディスクブレーキ未体験のサイクリストにおすすめのモデルです。全てのワイヤー類をハンドルからステム、ヘッドチューブへと内蔵するACRシステムを採用。エアロ効果の向上、ハンドルまわりも美しくなっています。
乗ってもクセがなく高い負荷に応える剛性感と疲れにくい乗り味で、ベテランサイクリストからエントリーユーザーまで幅広く楽しむことができます。

SK Pininfarina,MERAK等のカーボンバイクやメタルバイクのディスク化は、IDOLディスクモデル開発段階で獲得したデータが参考にされています。
IDOLがもたらしたデータは、DE ROSAの知識と経験として蓄積されたのです。

その他車種近日追加!

21年モデル ロードバイクブランド一覧

アウトレットコーナー

新着

初心者向けコンテンツ

特集一覧

自転車雑誌掲載アイテム

ワイズロード店舗一覧