ワイズロードオンライン|自転車・パーツ通販サイト|LOOK ( ルック ) ロードフレーム 795 BLADE RS DISC ( 795 ブレード RS ディスク ) プロチームホワイトグロッシー S

LOOKは1984年に最初のオートマチックペダルをリリースしてから30年にわたって、プロチームへの供給を行い、品質、安全性、パフォーマンス向上のための独自の技術開発を行ってきました

LOOK ( ルック ) ロードフレーム 795 BLADE RS DISC ( 795 ブレード RS ディスク ) プロチームホワイトグロッシー S

フレームサイズ : XS,S,M,L,XL
カーボンタイプ : HM46t、IM30t、HR24t、他ファイバー
付属
専用ADS ステム XS=90、S=100、M・L=110、XL=120
(※購入時にステム長を選択することはできません。)
専用フォーク+ヘッドパーツ(上下1-1/2)、専用シートポスト

BB : BB386
FD : 直付
完成車参考重量 : 7.87kg
(シマノ9170コンポ+コリマ WSクリンチャーホイール仕様 Mサイズ ペダル無し)
ディスクブレーキ規格 : ローター径 F160o R140o 12o径スルーアクスル
ブランド LOOK ( ルック )
商品コード 3611720164643
年式 2020
サイズ S
カラー プロチーム
品番1 107082
販売価格
451,000円(税込)
ポイント : 0
在庫 残り僅か(受取店舗より納期をご連絡いたします。完売の際ご容赦ください。)

カラー・サイズを選択してください。

▼ カラーを選択してください

選択されたカラー:プロチーム

▼ サイズを選択してください

XS
S
M
L

選択されたサイズ:S

受け取り希望店舗に在庫のない場合でもご予約可能です。店舗一覧はこちら


  • お気に入りに追加
  • この商品について問い合わせ
この商品は購入相談予約をご利用いただけます 受け取りの流れをご確認ください
■商品特徴

ポジション調整と互換性に優れた、オールラウンドエアロレーシングバイク

パフォーマンス、エアロダイナミクス、重量、剛性のあらゆる性能を妥協することなく生み出されたバイクです。
3Sデザイン(スムース スウォード シートステー)は、リアブレーキ台座をシートチューブ裏に設けることでより柔軟性に特化した構造となっており、
シートステーはたわみによるリムとブレーキシューの接触を考慮する必要はなくなり、
リムブレーキとディスクブレーキのシートステー剛性をほぼ同様に設計することが可能になりました。
従来モデルより23%も衝撃吸収性に優れ、
高剛性のディープリムやディスクホイール使用時でも抜群のトラクション性能を実現しつつ大幅に快適性を向上。 流行のワイドリムも30mm幅まで対応し、ディープリム使用と相まって抜群のエアロダイナミクス性能を発揮します。
フレーム本体とフロントフォークは、サイズ毎に肉厚と剛性を最適にコントロールし、
あらゆるライダーにベストな乗車フィールと剛性を提供する最新エアロレーシングバイクです。

↓店舗スタッフの商品紹介ブログはこちらからチェック↓

【月刊ディスクロードをガチインプレ!C】LOOK 795 BLADE RS DISC【エアロモンスター!】

バイオレーサーの中の人です。

 

 

 

 

SONY DSC

 

 

 

 

9月から始まった連載ブログ、

 

 

 

 

【月刊ディスクロードをガチインプレ!】

 

 

特設サイトはこちら↓

 

 

bnr_disc_gekkan

 

 

 

遅くもないけど速くもない、アラフィフのおっさんが毎回最低100kmをノルマにハアハアしながら最新ディスクロードをガチ(おっさん的当社比)でインプレします。

 

 

 

 

 

インプレだけじゃなくて、メリット・デメリットや規格の話など「ディスクロードの基礎知識」も紹介しています。
リンク先は特設サイトと同一ページです)

 

bnr_disc_kiso

 

 

 

 

 

 

 

近年の自転車界の一番のイノベーションは、ロードバイクへのディスクブレーキの搭載・普及です。

 

 

DSC_0034

 

 

 

ただディスクブレーキを付けただけではなく、それが引き金になってロードバイクの性能自体が一歩上の次元に引き上げられた点が大きな進歩です。

 

 

 

 

今回もそんな「ロードバイクの最先端」を脚でジャッジすべく、街から山まで沢山乗り込んできましたよ!

 

 

 

 

20191205_124905

 

 

 

 

20191205_135156

 

 

 

 

 

  


 

 

 

 

 

 

2020 LOOK 795 BLADE RS DISC

 

 

フレームセット:¥410,000+税

 

 

メーカーサイトはこちら

 

 

 

ビンディングペダルの生みの親、カーボンフレームのオーソリティ、フレンチブランドの雄、LOOK渾身のエアロロードです。

 

 

SONY DSC

 

 

エアロ系モデル伝統の「BLADE」の名と、RACING SPORTの「RS」を冠したトップモデルの実力を探ります!

 

 

 

 

 

 

 

 

【バイクのキーポイント】
実走感をお伝えする前にこのバイクのキーポイントをご紹介。

 

 

sum_795_blade_rs_disc01

 

sum_795_blade_rs_disc03

 

画像はメーカーサイトより

 

 

 

 

 

 

>>>あらゆる性能に妥協しない

 

>>>抜群のエアロダイナミクス性能

 

>>>従来モデルより23%も衝撃吸収性向上

 

>>>サイズ毎に調整された全てのライダーに最適な乗車感と剛性

 

>>>ヒルクライムモデル785 HUEZ RSと双璧のトップモデル

 

 

 

 

 

 

この企画初の「真正エアロロード」、今回も試乗が楽しみです!

 

 

SONY DSC

 

 

SONY DSC

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

いつも通り、結論から。

 

 

 

 

マジで速い!

 

頑張らなくても速い!

 

これはもうTTバイク!

 

レスポンス&運動性能も抜群!

 

登りも速い!

 

 

 

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

 

 

 

 

 

では、どんなポイントがそう感じさせたのか、いつも通りちくちく綴って行きましょう!

 

 

・職場〜自宅往復 54km
・自宅から甲州街道・雛鶴峠へインプレライド 146km

 

 

計200kmです。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

【事務所でポジション出し】

いつも通り、本職のバイクフィッティングシステム「バイオレーサー」でマイポジションを落とし込み。

 

 

↓こちらの身体スペック(174cm胴長短足)で、サイズS・ステム140mm 84度でポジションを出しました。いつも通りの前乗り仕様です。

 

BIOLite&Std_ROAD(ver.191125)_9000_191203_永平様_795BLADERS_前乗り

 

 

 

サドルが前回のPRINCEと同じFIZI:KのANTARESだったので、今回はスマートローラー無しで前回の寸法データの再現のみでポジション出し完了。

 

SONY DSC

 

 

 

 

ハンドルポジションを出すため、非公式仕様ですが普通の丸いフォークコラム用の普通のステムに換装。

 

20191203_170550

 

20191203_170604

 

 

ご興味のある方は自己責任にて。
(ちなみに自分は200km走っても問題ありませんでした)

 

 

 

 

純正ステムとスペーサーはこんなエアロ形状です。

 

20191203_164808

 

20191203_164734

 

 

 

 

 

フォークコラムは「0」字断面で左右が平面となっており、コラムとベアリングの隙間からワイヤーをフレーム内部へ導けるようになっています。

 

20191203_165254

 

20191203_165438

 

20191203_165146

 

 

 

 

 

元々100mmのステム長に合わせたワイヤリングでしたが、ギリギリ足りました(コラムと同軸でワイヤーが回る内装方式だから可能な芸当)

 

20191203_170615

 

 

完全内装ではなく半内装ですが、お陰で整備性は良好ですね。

マイポジションがばっちり落とし込めたので、いざ実走!

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

【795 BLADE RS DISCで甲州街道へ】

エアロな795ブレードには淡々と続く緩斜面やアップダウンが良いだろうと、今回のルートは甲州街道をチョイス。

 

 

 

 

 

 

大垂水峠を越えて、

 

緩斜面の登りを上野原まで走り、

 

上野原から甲州街道を外れて雛鶴峠を目指し、

 

都留・大月に下りてからは甲州街道の緩斜面を下って帰る、

 

 

 

 

という流れ。

 

 

 

 

20191205_104345

 

 

ガツン!と斜度のある登りや、距離のある登りは無いものの、そこそこの距離と獲得標高となるルート。

 

 

アップダウンも多く、エアロロードの実力を見るには好適なコースです。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

【第一印象とペダリングフィール】

「コイツ、進むぞ!」

 

 

SONY DSC

 

 

 

 

パッと乗ってすぐ分かるのがハイエンドモデルならではの剛性の高さと、スピードの乗りの良さ、速度維持の楽さ。

 

 

ペダルに込めたトルクが失われることなく、非常にクリアーにバイクへ伝わって推進力に変換されます。

 

 

SONY DSC

 

 

 

 

流石、プロユースのバイクは一味も二味も違いますね(^^)

 

 

定常走行では、しなりやたわみ感はほぼ感じない硬めの踏み心地ですが、かと言って「硬すぎる」ことはなく、自分レベル(PWR4w/kg)でもちょうど良い、気持ち良く漕げる硬さと感じました。

 

 

アッセンブルされたCOSMIC PRO CARBON SL UST DISCの剛性と空力の影響もあると思いますが、どんどんペダルにトルクを掛けて進めたくなるタイプのバイクです。

 

 

SONY DSC

 

 

 

 

ペダルを回す度に二字曲線的に速度がグワ〜〜〜っと上がって行くようなイメージです。

 

 

また、自分のペダリングスタイルと合っているのもありますが、ペダリングに気を使わなくても進むとも感じました。

 

 

SONY DSC

 

 

3時〜4時で踏みやめる基本のペダリングが出来ている人なら、きっちりカッチリ進んで行くはずです。

 

 

逆に踏み切り型のペダリングをする人は、下死点まで深追いしないように気を付ける必要があると思います。
(その人のパワーに寄りますが、高剛性なので人によっては踏み切っちゃうと脚が負けるかもしれません)

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

【巡行・空力】

この795、セミエアロとかコンパクトエアロとかではない真正のエアロロード。

 

 

SONY DSC

 

 

 

 

 

当然、平坦・下りはお手のもの。

 

 

 

 

セミエアロで感じる

 


「空力の効果、あるのか?無いのか?」
「あるかも?でもはっきり分かんないなぁ〜」

 


みたいなモヤモヤ感なし!

 

 

 

 

間違いなく楽で速いです。

 

 

第一印象で感じた高剛性からくるきっちりカッチリとした進みの良さと、フレーム形状による空力の良さが相まって、パワーメーターは無かったものの、同じパワーでもいつもより明らかに進みが良い。

 

 

 

 

SONY DSC

 

 

無音で、いや正確には「コォォォォォーーーー」という硬い反響音を響かせながら、路面を滑空するように進んで行きます。

 

 

この滑空感、気持ちいい♪

 

 

いやコレ、TTバイク?って感じるレベル。
アドレナリン出まくりです。

 

 

エアロ+高剛性のお陰で平坦なら自分のL2(耐久走レベル)で35km/hがキープ出来ちゃう楽さ加減。テンポ走レベルで38〜42km/h前後で巡行できます。

 

 

以前試乗したマドンやS5と同等レベルの、
つまり
現在最高レベルの空力の良さと感じました。

 

 

 

 

 

 

まあ、ズルいバイクですw

 

 

SONY DSC

 

 

 

 

しかも一部のリアルTTバイクに感じる「空力は良いけど剛性が低くて進まないモヤモヤした感じ」は一切なく、そこは「プロロードレース」で使うことを前提にした「ロードバイク」、そういったネガは全く感じられません。

 

 

むしろモヤモヤとは真逆の、キレのある加速と速度維持性能です。

 

 

今回のライドは、このインプレ企画で最長距離(146km)、最高獲得標高(1742m)で、キロ当たり獲得標高も最高(11.8m)となりましたが、平均速度も最速レベルに(27.6km/h)

 

 

 

 

20191205_130252

 

 

この距離で山を走って、速くもないおっさんがソロで余裕を持ってこの速度なら上出来では?て言うかバイクのお陰です(^^;)

 

 

 

 

バイクの空力が良すぎて、自分の体が受ける空気抵抗を否応なく意識させられます...。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

【登坂】

良く登ります!

 

 

20191205_103818

 

 

エアロロードだけど、実に良く登る。

 

 

踏み心地に癖もなくとても漕ぎやすい。

 

 

カッチリとした剛性による踏めば響く(進む)感覚が登りでも失われることなく、逆に増幅されてるかも?と思えるくらい。

 

 

 

 

SONY DSC

 

 

SONY DSC

 

 

素材はもちろん、マッシブな造形も高剛性の一因

 

 

 

 

クランク3時位置に合わせてトルクをトン!っと掛けると、
スッ!とよどみなく進んで行きます。

 

 

平地に負けず劣らず、これまた気持ちよくペダリングできます。

 

 

 

 

 

 

大垂水峠も

 

20191205_104230

 

 

 

 

雛鶴峠も

 

20191205_130223

 

 

 

 

その他の名もなき登りも、終始楽しく登坂することが出来ました。

 

 

 

 

今回のルート、ライド終盤130kmを過ぎてから、数分掛かる小さな登りを2か所越えるのですが、疲労している状況でも登りの軽快感は失われず。

 

 

エアロロード=平地特化バイク、という思い込みは捨てた方が良さそうです。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

【スプリント】

得意、いや大得意!

 

 

SONY DSC

 

 

スプリンターではない自分でも明確に感じるスプリントの掛かりの良さ。
(スプリンターでは無いからこそ、より一層良さを感じるのかも)

 

 

 

 

これまたライド終盤140kmを過ぎてから、疲労している状況で信号ストップからスプリント開始。

 

 

SONY DSC

 

 

 

 

初期から掛かりが良く、タン!タン!とシフトアップできて、それに呼応してスピードもよどみなく乗ってゆく。

 

 

(自分的なしょぼい)スプリント後半(せいぜい600〜700w程度)、45km/hから50km/hに上げて行く最終フェーズでも、「労せず」とは言い過ぎかもしれませんが、「加速度的に」スピードが乗ってゆきます。

 

 

体は疲れているのに、結果が相反しているw

 

 

 

 

フレームの剛性はもちろんのこと、空気抵抗は速度の二乗に比例して増加すると言われていますから、エアロ形状とワイヤーフル内装からくる空力の良さも間違いなくポジティブに働いているはず。

 

 

SONY DSC

 

 

全面的にカムテールデザインを採用

 

 

 

 

 

SONY DSC

 

 

見よ!このエアーフローを徹底したフロントビュー
いかにも空気が「抜けて」行きそうです

 

 

 

 

 

 

 

これは楽しい。スプリントが好きになっちゃうかも。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

【振動吸収性】

矛盾していますが、硬いのに疲れない。

 

 

エアロ形状=偏平フレーム=縦に硬くて乗り心地が悪い...なんていうのは昔の話。

 

 

SONY DSC

 

 

 

 

 

150km走っても、振動からくる疲労感は皆無。

 

 

シートステーを積極的にしならせる、3Sデザイン(スムース スウォード シートステー)が効いているのかもしれません。

 

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

 

SONY DSC

 

 

 

 

材質的な面で言うと剛性の高い硬めのフレームなので、振動を「じわ〜」っと中和する感じ全くありませんが、逆に戻りの速い高弾性カーボンが振動を「シュン!」と瞬時に消去してしていて、それが「硬いのに疲れない」と感じさせているようです。

 

 

こんなところもレースバイクらしさですね!

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

【まとめ】

>>>加速良し!

>>>巡航はTTバイク並み!

>>>それでいて良く登る!

>>>スプリントは大得意!

>>>硬いのに疲れない!

 

 

 

 

SONY DSC

 

 

 

 

 

 

え〜っとですね...。

欠点が無いんですよ...。

 

 

 

 

あえて書くまでも無いので項目立てしませんでしたが、下りの高速コーナリングも極めて安定。

 

 

徹底的に走りの質を磨き上げた、無機質な高性能機材
という印象。

 

 

あるいはハイテク戦闘機か。

 

 

 

 

ウェブサイトに書かれている

 

 

 

 

パフォーマンス、エアロダイナミクス、重量、剛性のあらゆる性能を妥協することなく生み出されたバイクです。

 

 

 

 

という謳い文句に嘘偽りはありません。

 

 

20191205_135013

 

 

 

どんなシチュエーションでも自分が速くなったと錯覚できるバイクでした(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

これで41万円+税

 

 

他社だとミドルグレードの価格な訳で...。

 

 

安すぎじゃないでしょうか。

 

 

60〜70万クラスの性能だと思いますけど...。

 

 

性能を考えたらバーゲンプライスでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

唯一の欠点を挙げるとすれば、それは重量。

 

 

この試乗車の仕様で、ペダルや装備品無しで実測8.1kg(コンポはアルテ)

 

 

SONY DSC

 

 

メーカーサイトによると、デュラエース仕様の完成車参考重量が7.87kgとなっています。
(シマノ9170コンポ+コリマ WSクリンチャーホイール仕様 Mサイズ ペダル無し)

 

 

他社バイクと比較しても、「ディスク」で「エアロ」な仕様を考えたら妥当な重量です。

 

 

1gの軽量化にこだわる、ガチなヒルクライムレース勢以外ならパーフェクトなバイクじゃないかと。

 

 

 

 

ヒルクライムには「785 HUEZ RS」という軽量バイクがあるので、中庸を狙って中途半端なバイクを作るよりも、LOOK社としてはエアロを極めて役割分担をはっきりさせたのでしょう。

 

 

sum_785_huez_rs01

 

画像はメーカーサイトより

 

 

 

 

785と795、2台持ちできたら最高の贅沢ですね!

 

 

 

 

 


SONY DSC

 

SONY DSC

 

 

SONY DSC

 

 

それと今回、ディスクだから、スルーアクスルだから、みたいな文章がほとんどありません。

 

 

というのも、そこに性能を依存しているようには、ほとんど感じられなかったからです。

 

 

これ、キャリパーだろうがディスクだろうが、そもそも
「795 BLADE RS」
自体の性能が高いことの証明です。もう、進みっぷりと空力のインパクトが大きすぎて。

 

 

ディスクロードインプレ企画的にはアレですがw

 

 

 

 

 

 

 

 

今回でこの企画、ようやく折り返し地点を過ぎました。

 

 

来年もまだまだ体力の続く限り?乗り倒して行きますので、次回のガチ乗りインプレもお楽しみに!

 

ユーザーレビュー


この商品に寄せられたレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。

レビューを書く


21年モデル ロードバイクブランド一覧

アウトレットコーナー

新着

初心者向けコンテンツ

特集一覧

ワイズロード店舗一覧