ワイズロードオンライン|自転車・パーツ通販サイト|21スコット完成車

1958年にスキーのストックメーカーとして産声を上げたSCOTT(スコット)。自転車製作に乗り出したのは、1986年のことでした。
グレッグ・レモン氏が1989年のツール・ド・フランスにてSCOTTのエアロバーを使用して勝利したことにより、SCOTTの名はヨーロッパのロードレースシーンに浸透していきました。もはやエアロバーは現代のロードレースにおいて欠かせないパーツとなっています。
1992年には、最初のフルサスペンション(路面からの衝撃を吸収するパーツ)バイクを製作。同年より、高性能・高品質なカーボン素材のフレームを製作し続けています。

SCOTT(スコット)の魅力

  • カーボン素材のフレーム製作スペシャリスト集団が在籍。カーボン製品に関する工場も所有しており、その技術は業界内で広く認められています
  • ロードバイクにおける「空力・剛性・軽量」の性能をパーフェクトなバランスで実現し、UCIワールドチーム「ミッチェルトン・スコット」に採用されています
  • 製作される自転車は定期的にEFBeのテストを受けており、全てのバイクがEFBeの「トップパフォーマンスバイク」賞を受賞しています
    ※EFBe:スポーツバイクの強度実験で知られる第三機関。精密な検査に定評がある

21年モデル ロードバイクブランド一覧

アウトレットコーナー

アウトレットコーナー

新着

初心者向けコンテンツ

特集一覧

自転車雑誌掲載アイテム

ワイズロード店舗一覧